投稿日:

通知書を放置してはいけない

借金返済が滞った場合業者はまず電話などで債務者に返済に関しての連絡をしますが、それでも支払いが行われない場合や連絡自体を無視し続けられた場合通知書を送ります。通知書というのは支払い催促状や訴状の事でその通知書をそのまま放置しておけば給料や財産の差し押さえをされてしまいます。
原則として借金返済を当初の予定通りに行っていくべきですが何らかの事情で一時的に払えない場合は通知を無視してはいけません。返済が一か月や二か月遅れるという場合は金融機関に対して相談するのがいいでしょう。
一時的に借金返済ができないのではなく借金の返済そのものが不可能になった場合は連絡や催促を無視するのではなく弁護士に相談して任意整理や自己破産の手続きをするべきです。
任意整理は債務者と債権者との間の同意で返済が可能な条件での返済を約束する事で自己破産は免責手続きをする事で返済する借金を放棄する制度です。あくまでこれは返済がどうしても不可能なった時の手段であって基本的に返済するのが義務です。返済する能力があるのに返済をしなかったり金融機関からの連絡や催促を無視するのは許される事ではなく法に基づいて財産から債務の回収が行われます。