投稿日:

キャッシングの取り消しは可能か

キャッシングでお金を借りた場合、審査をするまで少し時間がかかる場合があります。ですが、その審査中に臨時収入が入ってきてキャッシングからお金を借りなくてもよい場合が出てくることもあるでしょう。気がつくと審査に通っておりお金を借りることができる場合があります。この場合には、お金を借りずに業者に説明をすれば取り消しになるでしょう。これはそれほど問題がありません。
一方で、キャッシングでお金を借りた直後に、臨時収入がありキャッシングのお金が必要でなくなった場合は取り消しをすることができるかどうかが重要になります。これについては、取り消しができないことはありません。取り消しについては民法で規定されていますが強行法規になりますので、取り消しができない契約自体は無効になります。それゆえどの業者であっても契約の時点で取り消しができる旨説明があるか、契約書の中にその旨がかかれているはずです。
ですが、違約金をとられてしまう場合があります。その違約金についてどのぐらい払うかは業者によって変わってきますが、決してべらぼうなお金を取る業者はないでしょう。取り消しの手続きを経るぐらいであれば、多少利息はかかってしまいますがそのまま返済をしてしまったほうがよい場合もあります。