投稿日:

キャッシングの取り消しは可能か

キャッシングでお金を借りた場合、審査をするまで少し時間がかかる場合があります。ですが、その審査中に臨時収入が入ってきてキャッシングからお金を借りなくてもよい場合が出てくることもあるでしょう。気がつくと審査に通っておりお金を借りることができる場合があります。この場合には、お金を借りずに業者に説明をすれば取り消しになるでしょう。これはそれほど問題がありません。
一方で、キャッシングでお金を借りた直後に、臨時収入がありキャッシングのお金が必要でなくなった場合は取り消しをすることができるかどうかが重要になります。これについては、取り消しができないことはありません。取り消しについては民法で規定されていますが強行法規になりますので、取り消しができない契約自体は無効になります。それゆえどの業者であっても契約の時点で取り消しができる旨説明があるか、契約書の中にその旨がかかれているはずです。
ですが、違約金をとられてしまう場合があります。その違約金についてどのぐらい払うかは業者によって変わってきますが、決してべらぼうなお金を取る業者はないでしょう。取り消しの手続きを経るぐらいであれば、多少利息はかかってしまいますがそのまま返済をしてしまったほうがよい場合もあります。

投稿日:

通知書を放置してはいけない

借金返済が滞った場合業者はまず電話などで債務者に返済に関しての連絡をしますが、それでも支払いが行われない場合や連絡自体を無視し続けられた場合通知書を送ります。通知書というのは支払い催促状や訴状の事でその通知書をそのまま放置しておけば給料や財産の差し押さえをされてしまいます。
原則として借金返済を当初の予定通りに行っていくべきですが何らかの事情で一時的に払えない場合は通知を無視してはいけません。返済が一か月や二か月遅れるという場合は金融機関に対して相談するのがいいでしょう。
一時的に借金返済ができないのではなく借金の返済そのものが不可能になった場合は連絡や催促を無視するのではなく弁護士に相談して任意整理や自己破産の手続きをするべきです。
任意整理は債務者と債権者との間の同意で返済が可能な条件での返済を約束する事で自己破産は免責手続きをする事で返済する借金を放棄する制度です。あくまでこれは返済がどうしても不可能なった時の手段であって基本的に返済するのが義務です。返済する能力があるのに返済をしなかったり金融機関からの連絡や催促を無視するのは許される事ではなく法に基づいて財産から債務の回収が行われます。

投稿日:

キャッシングで返済できなくなった時に

カードローンなどのキャッシングは担保や保証人が必要なく、カードを提携しているATMやCDに差し込めばいつでも現金が借り受けられます。ただ問題なのが手軽さゆえに、さらにはキャッシュカードを使って自分の預金を下ろしている感覚になりやすく、つい借り過ぎてしまうということです。キャッシングは簡単ですが借金であり、利息がつきます。しかも少額の場合は利息も低く気になりませんが、少しずつ借りる額が増えていくと比例していきます。
そして月々の支払いが難しくなり、返済のために新たにキャッシングするといったケースが増えています。これではやがて破滅するのが目に見えていて、大切なのは早めに債務整理をすることです。債務整理には任意整理から自己破産までいくつか種類があって、自分の状況や将来を考えて選ぶといいでしょう。自分で判断ができない場合は弁護士など専門家に相談をするのが良く、もっともふさわしい債務整理の方法を教えてもらえます。
債務整理はメリットが高いですが、一方ではデメリットも存在しています。こちらも安易に考えることなく、しっかりと先々を考えて選択することが必要です。ただ現状打破になりますから、借金返済で困っている場合は相談しましょう。

投稿日:

教育ローンを、学生本人が借りられる?

教育ローンは、保護者やそれに代わる社会人の親族が申し込むもので、通常学生本人が申し込みをするものではありません。ただし、学生本人が成人していて、安定収入があり、独立生計を営んでいる場合などは、認められることもあります。つまり、一般的には、本人が未成年である限り、自分自身で教育ローンを借りることはできないということです。しかし、一部のクレジット会社などでは、なんらかの収入のある18歳以上の学生に対し、本人を債務者とする教育ローンをおこなっているところがあります。この場合、本人が高校在学中の時点で申し込むには、保護者の代理申し込みが必要となります。
未成年が申し込めない通常の教育ローンで、保護者が審査基準を満たさないなど申し込みができない時には、金融機関によって違いがありますが、兄弟などでも申し込むこめるところが多いです。特に、日本政策金融公庫の一般教育貸付では、6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族が申し込み人となることができます。学びたい意欲を支援したい気持ちがあれば、より広い範囲の人が申し込めるということです。それを、学生自身が返済していくこともできるので、その場合は、自らの教育ローンという覚悟で向き合う姿勢が大切です。